ダウジングとは?習得方法を解説

ダウジング

ダウジングとは

ダウジングと聞けば、金脈や水脈探しをイメージする人も多いのではないでしょうか。占術としてのダウジングは、そこから派生したものです。一昔前は、L字のロッドを使ってのダウジングが有名でしたが、占いで使われるものは、ペンデュラムと呼ばれる振り子を利用したものが多いです。ダウジングの目的は、特定の物を探索したり、選択肢の中から選ぶべき答えを導き出したりすることです。ダウジングは、四柱推命のように複雑な物事を判断するのには向いていなく、よりシンプルな占いに向いているといえるでしょう。ダウジングの仕組みは、人が無意識のうちに動かしてしまう筋肉の微動を利用するものです。無意識に動く筋肉は、人の潜在意識に繋がっていると考えられ、詳細な仕組みについては、まだまだ謎の部分が多い占術です。

ダウジング習得方法

ダウジングを習得するためには、ペンデュラムを用意することから始めます。ペンデュラムの価格も様々で、高価なものもありますし安価なものもあります。また、5円玉を利用して、無料でペンデュラムを作成する方法もあるので、最初はそれを利用するのもよいでしょう。ダウジングの初歩は、ペンデュラムを揺らすことから始まり、無意識の状態で揺れるようになるまで訓練が必要です。しかし、知らず知らずのうちに意識的に筋肉を動かしてしまっていることも多く、簡単なようで意外に難しいものです。電話占いでダウジングを利用することを想定すると、物探しや人探しなどの大掛かりな依頼は、ほとんど発生しないと考えるのが普通です。

そのため、依頼者に簡単な選択肢を提示してもらい、ペンデュラムを使って行動の指針を示すのが基本になるでしょう。これに必要なのが、「YES/NOテクニック」です。これは単純明快な占いで、その物事に対してペンデュラムで、YESなのか、NOなのかを導き出すものです。このテクニックを使いこなすために必要なのが、自分にとってYESの触れ方、NOの振れ方を理解することです。やり方は、自分にとって嘘の回答と真実の回答を用意して、自分自身に問いかけることによって、振り子の振れを確かめます。YESの振れ方といっても、人によって様々で、右回転の人もいますし、横に振れる人もいます。ダウジングを占いに利用する初歩中の初歩が、「YES/NOテクニック」なので、習得を目指すなら、取り組んでみるとよいでしょう。安価なペンデュラムを使えば、費用が気になることもありません。