タロットカードとは?習得方法を解説

タロットカード

タロットカードとは

タロットカードは、タロット占いに使う道具です。タロット占いは、カード枚数によって大きく2つに分かれます。ひとつが22枚の大アルカナというカードを利用する方法です。もうひとつが大アルカナ22枚に、小アルカナと呼ばれる56枚のカードを組み合わせて、計78枚で占う方法です。タロット占いは、占い師の感性に基づいた比較的、自由なルールの占いです。シャッフルというカードを混ぜる行為、スプレッドと呼ばれるカードの展開の仕方、それぞれのカードの意味という基本的な部分を除いては、占い師が自由に組み立てて行っていきます。また、カードの意味で特徴的なのが、正位置と逆位置によって意味が全く異なってくる部分です。タロット占いと電話占いの相性について考えてみると、相手が必ずしも目の前にいる必要がないので、電話占いとの相性は良いといえるでしょう。また、占い師によるアレンジが容易なので、初心者にもおすすめの占術です。

タロットカード習得方法

タロットカードの習得をするなら、まずは、それぞれのタロットカードが持つ意味を理解しましょう。タロットカードの意味については、ネットで調べても、入門書を一冊購入してもよいです。それを片手に、カードの解釈から始めます。タロット占いは、自由度の高い占術なので、占い師によって全く解釈が異なってきます。そのため、解説書などを利用する場合は、それぞれがオリジナルの解説をすることが多いので、逆に習得が難しくなってしまうかもしれません。カードの意味を知る理由は、カードの意味を理解した方が、連想や解釈をしやすいからです。一番簡単なのは、大アルカナの22枚を確認しながら、どんな解釈ができるかを書き出していく方法です。

一通りの解釈を終えたら、今度はシャッフルやカットを覚えます。加えて、スプレッドの方法を覚えれば、とりあえずタロットカードの実践が可能になるはずです。タロットカードで重要なのはココからで、実践を繰り返しながら、引き出しを増やしていきます。まだまだ、ビジネスとして成り立つレベルには達していませんので、知人や家族の協力を得て勉強していきましょう。最近は、ネット配信が発達しているので、ある程度引き出しが増えてきたら、ネットを使って無料占いにチャレンジしてみるのもよいかもしれません。タロットカードは、習得は容易ですが、終わりのない占術でもあって、なぜなら歴史や心理学、哲学なども組み合わせて、占術に厚みをつけていく必要があるからです。