オラクルカードとは?習得方法を解説

オラクルカード

オラクルカードとは

オラクルカードは、古代よりある占術ではなく、比較的、新しいものです。ニューエイジブームと呼ばれる1970代に発生した自己意識運動に伴って、スタートしたのではないかともいわれています。元々は、異文化交流のきっかけづくりとしてカードが用いられたのが始まり、という説もあって、占術としてのオラクルカードが浸透するまでには、ある程度の時間が必要でした。オラクルカードは、タロットカードをより簡単にしたイメージの占術で、大きな特徴はタロットカードにはない、「明確な言葉」が添えられている点です。オラクルには、神託や啓示という意味が込められていて、それに基づいて様々な判断をします。オラクルカードは、絵柄からの連想ではなく、絵柄と言葉を使った連想なので、オラクルカードがあれば、すぐに実践できてしまうのが特徴です。

オラクルカード習得方法

オラクルカードは、占術の中でも、かなり習得が容易です。それだけに実践が重要であって、たくさんの経験から引き出しを増やすのが精度を高める早道です。誰でも簡単にできる手軽な占術のため、自分自身を占う人が多いのも特徴です。例えば、日々の運勢を自分で占うというのも習得方法のひとつで、これに慣れたら早速、他人で実践してみるのもよいでしょう。オラクルカードでは、カードからのメッセージを解釈することをリーディングと呼びます。この占術はリーディングに集約されるともいえますので、カードとのフィーリングも大切です。習得は容易なので、その分だけ徹底的にカード選びにこだわってみるのもよいでしょう。

このように習得して実践するのは、それほど難しくないのがオラクルカードです。しかし、その分、それをカバーするだけの機転やコミュニケーション能力が必要になってきます。オラクルカードの本来の目的は、神からの啓示を授かることによって、豊かな人生を歩むことです。依頼者の気持ちを汲み取って、いかにカードからのメッセージを相手にとって良いかたちで伝えられるかが重要になります。オラクルカードの習得は、リーディングだけではなく、相手とのコミュニケーションがセットになっているともいえるので、その意味でも実践を通しての訓練がおすすめです。オラクルカードは、電話占いとの相性も良く、その中でも恋愛相談にはピッタリです。そのため、カードからのメッセージを恋愛に関連付けて考えられるようになっておくと、実践で役立つ占術として活躍してくれるかもしれません。